コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚屋茶碗 ととやぢゃわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魚屋茶碗
ととやぢゃわん

高麗茶碗の一種。斗々屋,渡唐屋とも書く。堺の商人魚屋によって朝鮮から輸入されたのでこの名があるといわれるが不明。室町時代末期から佗茶の流行によって賞玩された。やや深い六器形の「利休魚屋」 (藤田美術館) と,口の開いたどんぶり形の「本手魚屋」,さらに浅い広口の「平魚屋」の3種がある。いずれも刷毛目の施釉がある無文の茶碗。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ととやのちゃわん【魚屋茶碗】

歌舞伎「三題噺さんだいばなし魚屋茶碗」の通称。世話物。河竹黙阿弥作。1870年(明治3)東京守田座で、「時鳥水響音ほととぎすみずにひびくね」の名題で初演。三題噺の兼題を脚色したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

魚屋茶碗の関連キーワード三題噺魚屋茶碗魚屋の茶碗御推文字三題噺一つ鍋非業

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android