コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佗茶 わびちゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佗茶
わびちゃ

茶道の一形式。「草庵の茶」ともいう。室町時代末期に足利義政らの武家貴族の間で流行した書院茶に対し,村田珠光が創始し千利休が完成したといわれる茶の湯で,安土桃山時代に流行した。書院茶は書院造殿中にある美術品の鑑賞に重点をおいたものであるが,佗茶は草庵風茶室で精神的な充足を求めるもので,特に簡素で静寂な境地を重視した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

佗茶【わびちゃ】

茶道の形式の一つ。室町時代に流行した豪華・華麗な書院茶に対し,和敬清寂を旨とする草庵式の茶をいう。村田珠光以後,武野紹鴎(たけのじょうおう)をへて安土桃山時代に流行し千利休が完成。
→関連項目片桐石州数寄屋造千宗旦茶道蹲踞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

佗茶の関連キーワード本阿弥光悦伊羅保茶碗高麗茶碗熊川茶碗古田織部魚屋茶碗井戸茶碗備前焼信楽焼南方録抛入花

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android