コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佗茶 わびちゃ

2件 の用語解説(佗茶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佗茶
わびちゃ

茶道の一形式。「草庵の茶」ともいう。室町時代末期に足利義政らの武家貴族の間で流行した書院茶に対し,村田珠光が創始し千利休が完成したといわれる茶の湯で,安土桃山時代に流行した。書院茶は書院造の殿中にある美術品の鑑賞に重点をおいたものであるが,佗茶は草庵風茶室で精神的な充足を求めるもので,特に簡素で静寂な境地を重視した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

佗茶【わびちゃ】

茶道の形式の一つ。室町時代に流行した豪華・華麗な書院茶に対し,和敬清寂旨とする草庵式の茶をいう。村田珠光以後,武野紹鴎(たけのじょうおう)をへて安土桃山時代に流行し千利休が完成。
→関連項目片桐石州数寄屋造千宗旦茶道蹲踞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone