コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚谷常吉 うおたに つねきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

魚谷常吉 うおたに-つねきち

1894-1964 昭和時代の僧,料理研究家。
明治27年8月14日生まれ。兵庫県神戸の実家の料亭「西魚善」をつぐ。昭和12年出家し,16年和歌山県の宝光寺住職となる。食文化にもするどい目をそそぎ,「味覚法楽」「滋味風土記」などの著作がある。昭和39年4月14日死去。69歳。幼名は昇。号は宗関。
【格言など】食通とは,相当いろんなものを食い,研究もして,はじめて成り得るものである(「味覚法楽」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

魚谷常吉の関連キーワード魚谷 常吉

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android