コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯉つかみ こいつかみ

世界大百科事典 第2版の解説

こいつかみ【鯉つかみ】

歌舞伎狂言。主人公が鯉の精と水中で格闘するさまを主題とする作品の総称。本水を用いた夏狂言の一趣向として歓迎された。三升屋二三治(みますやにそうじ)著《紙屑籠》に〈始て水船にて作り物の鯉をつかひしは,元祖菊五郎より始りて,親松緑(初世松助)つたへて梅幸(3世菊五郎)へゆづる〉と記すように,元来は尾上家の〈家の芸〉として伝えられた。脚本としては,福森久助,2世瀬川如皐(じよこう)作,1813年(文化10)7月中村座初演《短夜仇散書(みじかようきなのちらしがき)》の〈真崎稲荷の場〉で3世菊五郎の大工六三郎が鯉つかみを演じたのが著名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鯉つかみ
こいつかみ

歌舞伎(かぶき)劇の脚本・演出の一種。舞台一面にたたえた本水(ほんみず)を使って、主役が水中で縫いぐるみの鯉魚(りぎょ)の精と格闘するさまを演じるもの。普通1756年(宝暦6)4月、江戸・市村座『梅若菜二葉曽我(うめわかなふたばそが)』のなかで初世尾上(おのえ)菊五郎が演じたのが最初というが、一説ではさらに古く1739年(元文4)7月同座の『累解脱蓮葉(かさねげだつのはちすば)』で2世市川海老蔵(えびぞう)が演じていたともいう。江戸後期には夏芝居として多くの作品に扱われたが、明治以降は清玄(せいげん)桜姫を扱った勝諺蔵(かつげんぞう)作『新舞台清水群参(あらきぶたいきよみずもうで)』(1876年11月大阪・角座(かどざ))のなかで初世市川右団次(うだんじ)の演じた滝窓志賀之助(たきまどしがのすけ)の鯉つかみが彼の当り芸になり、2世右団次も継承、『湧昇水鯉滝(わきのぼるみずにこいたき)』の外題(げだい)で今日に伝わっている。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鯉つかみの関連キーワード尾上多見蔵(2代)歌舞伎狂言

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鯉つかみの関連情報