コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝諺蔵 かつげんぞう

世界大百科事典 第2版の解説

かつげんぞう【勝諺蔵】

歌舞伎作者。3世まである。(1)初世 河竹黙阿弥の前名。(2)2世 勝能進の前名。(3)3世(1844‐1902∥弘化1‐明治35) 2世の子。江戸浅草に生まれる。幼名彦兵衛。3世瀬川如皐に入門し,1862年(文久2)浜彦助の名で初出勤。72年(明治5),勝彦助改姓し,父のいる大阪の芝居へ出る。以後父とともに大阪の劇壇で活躍。78年に勝諺蔵を継ぎ,84年竹柴に改姓。86年,父の没後角座を中心に中座,戎座(浪花座)の作者も兼ね,一方大阪の演劇改良会の一員ともなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の勝諺蔵の言及

【勝能進】より

…1854年(安政1)繁河長治の名で河原崎座に初出勤。57年(安政4)竹柴諺蔵,65年(慶応1)勝諺蔵と改める。師の作品の助筆を勤める一方で,同僚の竹柴濤治とともに,諺蔵,言彦,河流舎の名で1858年刊《江戸桜清水清玄(えどざくらきよみずせいげん)》など師の原作になる草双紙を書く。…

【河竹黙阿弥】より

…後年の作の趣向の妙や世相人心の機微の把握と描写,音感に富むせりふの味などは,この遊蕩時代のたまものである。1835年(天保6)20歳のとき5世鶴屋南北に入門し,勝諺蔵(げんぞう)を名のった。以後病気や家庭の事情で何度か劇界を離れたが,41年江戸河原崎座へ出勤,柴(後に斯波)晋輔と改め,家督も弟にゆずって翌々年立作者となり,2世河竹新七を襲名。…

※「勝諺蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勝諺蔵の関連キーワード中村梅玉(2代)勝能進(初代)勝諺蔵(3代)鯉つかみ勝歌女助

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android