鯨幕(読み)クジラマク

とっさの日本語便利帳の解説

鯨幕

葬儀などの凶事に使う幔幕(まんまく)のこと。黒と白の布を一幅(ひとの)ごと交互に縫い合わせ、上部に黒布を横に渡した幕が、鯨の黒い皮と白い脂肪との連なりに似ているところから、この名が付いた。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

くじらまく【鯨幕】

白布と黒布とを一枚ずつ交互に縫い合わせ、上下の縁に黒布を付けた幕。凶事用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くじら‐まく くぢら‥【鯨幕】

〘名〙 (鯨の肉の、皮に接した脂肪の部分は、皮が黒くて肉が白いので、それに似ているところからいう) 黒と白の布を一幅おきに縦に縫い合わせ、上下に黒布を横に渡した幔幕(まんまく)。葬儀などのような凶事に用いる。
※風俗画報‐一六四号(1898)大祭の景況「〈略〉孰(いづ)れも仮屋にて鯨幕(クジラマク)を打廻らしたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android