鯨飲馬食(読み)ゲイインバショク

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 鯨が水を飲むようにたくさん酒を飲み、馬が食べるようにたくさん食物を食べること。短時間に多量に飲んだり食べたりするさまのたとえ。牛飲馬食。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉中「茹鮹の足、鰯のぬた等を殽に鯨飲馬食す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

短時間に多量に飲んだり食べたりするさまのたとえ。

[活用] ―する。

[使用例] いくつとなくつらねたる空樽に腰うち懸けて、茹で鮹の足、鰯のぬた等をさかなに馬食す[平出鏗二郎*東京風俗志|1899~1902]

[解説] 鯨が水を飲むようにたくさん酒を飲み、馬が食べるようにたくさん食物を食べること。

[類語] 牛飲馬食

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android