コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰲山見雪 ごうざん けんせつ

1件 の用語解説(鰲山見雪の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鰲山見雪 ごうざん-けんせつ

1626-1685 江戸時代前期の僧。
寛永3年生まれ。曹洞(そうとう)宗。美濃(みの)(岐阜県)竜泰寺の愚屋正痴の法をつぎ,寛文4年(1664)同寺の住持となる。延宝3年(1675)相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺にうつり,のち竜泰寺にもどった。貞享(じょうきょう)2年9月10日死去。60歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。俗姓は樺山。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鰲山見雪の関連キーワード弩爾哈斉今大路道三ニコラオ弩爾哈斉・奴児哈赤チャールズ八橋検校定高貿易法チャールズゲオルグ教会逢春門院

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone