鱗ケイ石(読み)りんけいせき(英語表記)tridymite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「鱗ケイ石」の意味・わかりやすい解説

鱗ケイ石
りんけいせき
tridymite

SiO2ケイ酸塩鉱物一種石英クリストバル石,コーサイト,スティショフ石などと同質多形。低圧高温 (870~1470℃) で安定の高温型のほか中間型,低温型の3種が知られている。高温型は六方晶系。硬度7,比重 2.26。無色ないし白色。劈開不良。板状または鱗片状結晶。低温では斜方晶系の準安定相となる。火山岩の石基や気孔部に産するのが普通であるが,隕石中に出現することもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android