コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱸利彦 すずき としひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鱸利彦 すずき-としひこ

1894-1993 大正-平成時代の洋画家。
明治27年3月19日生まれ。本郷洋画研究所で藤島武二らにまなぶ。大正7年文展に初入選,昭和10年まで官展に出品。旺玄会や二科展に出品するが,30年一陽会の結成に参加。41年同会を退会,無所属となる。24年共立女子大教授。平成5年3月13日死去。98歳。千葉県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鱸利彦の関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門スティーブン スピルバーグ[各個指定]芸能部門怪獣斎藤史日清戦争ラムサール条約北村太郎南アフリカ共和国

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android