鳥内遺跡(読み)とりうちいせき

世界大百科事典 第2版の解説

とりうちいせき【鳥内遺跡】

福島県石川郡石川町大字新屋敷字耕土に所在する縄文後・晩期とそれにつづく弥生時代初めにかけての遺跡阿武隈川と社川の合流点に近い標高270m内外の河岸段丘上に位置する。開田事業により,1970年に調査された。弥生時代に属する再葬墓の主要区域は土器群と墓坑との関係が不明瞭であるが,不整円形の墓坑に,複数の土器を直立位に配納する小竪穴墓が20基以上確認されている。このうち第9号と称される墓坑には14個体もの土器が入れられていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android