コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥内遺跡 とりうちいせき

1件 の用語解説(鳥内遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とりうちいせき【鳥内遺跡】

福島県石川郡石川町大字新屋敷字耕土に所在する縄文後・晩期とそれにつづく弥生時代初めにかけての遺跡。阿武隈川と社川の合流点に近い標高270m内外の河岸段丘上に位置する。開田事業により,1970年に調査された。弥生時代に属する再葬墓の主要区域は土器群と墓坑との関係が不明瞭であるが,不整円形の墓坑に,複数の土器を直立位に配納する小竪穴墓が20基以上確認されている。このうち第9号と称される墓坑には14個体もの土器が入れられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鳥内遺跡の関連キーワード小石川金沢工業大学石川県立大学新屋敷かんこ踊たまかわひらたふるどの森嘉種若清水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone