コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居清貞 とりい きよさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居清貞 とりい-きよさだ

1844-1901 幕末-明治時代の浮世絵師。
天保(てんぽう)15年8月生まれ。4代鳥居清忠の父。歌川国芳(くによし),2代鳥居清満(きよみつ)にまなぶ。明治13年喜昇座(明治座の前身)の奥役(劇場事務方)となり,芝居番付などをえがいた。明治34年2月14日死去。58歳。江戸出身。本姓は渡辺,のち斎藤。幼名は松次郎。通称は長八。別号に芳郷,蝶蜂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥居清貞の関連キーワード鳥居清種(2代)鳥居清忠(4代)明治時代天保

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android