コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳩山 春子 ハトヤマ ハルコ

20世紀日本人名事典の解説

鳩山 春子
ハトヤマ ハルコ

明治〜昭和期の教育家 共立女子大学創立者。



生年
文久1年3月23日(1861年)

没年
昭和13(1938)年7月12日

出生地
信濃国松本(長野県松本市)

旧姓(旧名)
多賀

学歴〔年〕
東京女子師範(現・お茶の水女子大学)〔明治14年〕卒

経歴
明治14年東京女子師範教師となり、同年鳩山和夫と結婚。友人らを招く日本最初の結婚披露宴を行った。19年共立女子職業学校(現・共立女子学園)を創立、教授となり、大正11年同校6代目校長に就任。この間、明治28年大日本女学会を創立、地方の女子に通信教育を行う。昭和3年共立女子専門学校(現・共立女子大学)、11年同高等女学校を設立、校長となるなど女子教育に尽くした。13年長男・一郎の妻薫があとを継ぎ学園理事長となった。著書に「自叙伝」がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone