コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳰貝 ニオガイ

デジタル大辞泉の解説

にお‐がい〔にほがひ〕【×鳰貝】

ニオガイ科の二枚貝貝殻白色で細長く、殻長約5センチ。殻表の前半はやすり目状をし、潮間帯泥岩に穴を掘ってすむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

におがい【鳰貝】

海産の二枚貝。殻長約5センチメートル。貝殻は薄く長卵形で前方はとがり乳白色。貝殻の表面は鑢やすり状の多数のとげ状突起があり、これで岩に穴をあけてすむ。日本各地の潮間帯に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鳰貝 (ニオガイ)

学名:Barnea manilensis
動物。ニオガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鳰貝の関連キーワード乳白色前方海産分布