鳴嚢(読み)メイノウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳴嚢
めいのう
vocal sacvocal pouch

カエル類の雄にみられる鳴き袋で、声嚢ともいう。カエルは喉頭(こうとう)部の声帯を振動させて鳴き声を発するが、その空気は鳴嚢に送られるため、鳴嚢は大きく膨らむ。連続した鳴き声は、肺と鳴嚢の間に空気を往復させて発する。多くのカエルは下あごの皮膚の下に鳴嚢をもつが、トノサマガエルの仲間は左右の口角部に一対の鳴嚢をもつ。外部から容易に鳴嚢の存在が認められるものを外鳴嚢とよび、そうでないものを内鳴嚢という。一般に外鳴嚢をもつカエルの鳴き声は大きい。[倉本 満]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

めい‐のう ‥ナウ【鳴嚢】

〘名〙 多くのカエル類の雄にある発音器左右の咽頭壁等にある薄い膜でできたで、鳴くときにふくらませて共鳴装置とする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android