コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴嚢 メイノウ

2件 の用語解説(鳴嚢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めい‐のう〔‐ナウ〕【鳴×嚢】

カエルなどの雄ののどにある袋状の器官。鳴くときにふくらませて共鳴させる。歌袋(うたぶくろ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳴嚢
めいのう
vocal sacvocal pouch

カエル類の雄にみられる鳴き袋で、声嚢ともいう。カエルは喉頭(こうとう)部の声帯を振動させて鳴き声を発するが、その空気は鳴嚢に送られるため、鳴嚢は大きく膨らむ。連続した鳴き声は、肺と鳴嚢の間に空気を往復させて発する。多くのカエルは下あごの皮膚の下に鳴嚢をもつが、トノサマガエルの仲間は左右の口角部に一対の鳴嚢をもつ。外部から容易に鳴嚢の存在が認められるものを外鳴嚢とよび、そうでないものを内鳴嚢という。一般に外鳴嚢をもつカエルの鳴き声は大きい。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone