コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳶奴 とんびやっこ

1件 の用語解説(鳶奴の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とんびやっこ【鳶奴】

歌舞伎舞踊の曲名。長唄。本名題《初鰹の戯奴僕(はつがつおのきらわれやつこ)》。1814年(文化11)5月江戸市村座初演。十二変化所作事《倣三升四季俳優(まねてみますしきのわざおぎ)》の4月の部。演者は7世市川団十郎。作詞者不詳。作曲4世杵屋(きねや)六三郎。振付2世藤間勘十郎。江戸の山の手で,鳶に鰹をさらわれた折助が鳶を追いかけて出る。鰹を取り返そうとするさまや鳥刺の振りなどを見せる軽快な踊り。のちに8世団十郎は4世西川扇蔵による別の振付で踊った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鳶奴の関連キーワード歌舞伎舞踊賤機帯双面紅葉狩外記猿歌舞伎唄歌舞伎狂言本名題傾城物高尾懺悔

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone