コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥刺(し) トリサシ

2件 の用語解説(鳥刺(し)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とり‐さし【鳥刺(し)】

竹ざおの先に鳥もちを塗って、小鳥をとらえること。また、それを職業とする人。
鳥肉の刺身。
江戸時代、幕府に鷹の餌(え)にする小鳥を納めた者。また、その配下。
1を舞踊化した芸能。多く、正月の祝福芸として万歳(まんざい)太神楽(だいかぐら)田植え踊りなどの中で行われる。鳥刺舞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鳥刺【とりさし】

(1)江戸時代鷹匠(たかじょう)の下で,鷹の餌となる小鳥を捕らえた者。鳥もちをつけた長い竹竿(たけざお)を用いた。また一般に,小鳥を捕らえることを職業とした者。
→関連項目吹矢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の鳥刺(し)の言及

【吹矢】より

…また北アメリカ東部の森林地帯に住むイロコイ族などの間でも吹矢が使われている。 日本では江戸時代,鷹狩の流行に伴ってタカのえさにする小鳥を捕獲するために鳥刺(とりさし)という職業が成立したが,彼らは吹矢を使って小鳥のみならずガンなどの鳥もとっていた。彼らの使った吹矢は2m前後の竹または木でできた筒と,竹串の先をとがらせて毒を塗り,矢尻に漏斗状の紙を付けた矢からなっていた。…

※「鳥刺(し)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鳥刺(し)の関連キーワード竹槍鳥竿火叩き黐竿黐縄餌刺小鳥合せ小鳥焼刺い捕り竿差し竿

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone