コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋六三郎 キネヤロクサブロウ

5件 の用語解説(杵屋六三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きねや‐ろくさぶろう〔‐ロクサブラウ〕【杵屋六三郎】

[1779~1855]長唄三味線方。4世。作曲・演奏両面にすぐれ、長唄中興の祖といわれる。7世市川団十郎の知遇を得て「勧進帳」などを作曲。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

杵屋六三郎【きねやろくさぶろう】

長唄三味線方の芸名。現在まで12世。2世〔1710-1791〕は,初世の子。名人と称され,従来の長唄の曲風を一変させて,今日の長唄の基礎を築いたという。俳諧もよくし,俳名から〈天滴六三郎〉と称された。
→関連項目藤娘松の緑

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きねやろくさぶろう【杵屋六三郎】

長唄三味線方。現在まで12世を数えるが,2世と4世が著名。(1)初世(?‐1734(享保19)) 杵屋の宗家3代勘五郎の三男で前名吉之丞,元禄年中(1688‐1704)に別家して六三郎と改めたといわれるが明らかではない。(2)2世(1710‐91∥宝永7‐寛政3) 初世の実子。宝暦・明和年間(1751‐72)に三味線方として活躍する。長唄の曲風を一変させた名人の一人に数えられている。俳名を天滴(てんてき)といい,天滴六三郎ともいわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きねやろくさぶろう【杵屋六三郎】

(四世)(1779~1855) 長唄三味線方。長唄中興の祖。晩年は六翁と改名。七世団十郎に厚遇され、「勧進帳」「晒女さらしめ」「吾妻あずま八景」「老松」「松の緑」などを作曲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杵屋六三郎
きねやろくさぶろう

長唄(ながうた)三味線方。六三郎派(池の端派)の家元名で、現在まで12世を数える。[渡辺尚子]

初世

(?―1734)杵屋宗家3代勘五郎の三男。前名吉之丞(きちのじょう)。元禄(げんろく)年間(1688~1704)六三郎と改める。[渡辺尚子]

2世

(1710―91)初世の実子。初世松島庄五郎(しょうごろう)、初世富士田吉次の三味線方を勤め、長唄の曲風を一変させた名人といわれる。俳名を天滴(てんてき)と号す。[渡辺尚子]

3世

杵屋宗家9代六左衛門の前名。[渡辺尚子]

4世

(1779―1855)初世杵屋正次郎の門弟。前名長次郎。1808年(文化5)4世を襲名。長唄界中興の祖といわれる作曲の名人で、『勧進帳』『晒女(さらしめ)』『吾妻八景(あづまはっけい)』『松の緑』『老松(おいまつ)』などを作曲。のち六翁(ろくおう)(初世)と改名。安政(あんせい)2年11月30日没。5世は4世の実子、6世は4世の養子、7世は4世の門弟である初世六四郎の門弟で、後の2世六翁、8世は7世の門弟で、後の3世六翁、9世は8世の次男、10世は9世の義理の叔父、11世は10世の甥(おい)がそれぞれ襲名。[渡辺尚子]

12世

(1932― )11世の長男。1967年(昭和42)に襲名。[渡辺尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の杵屋六三郎の言及

【長唄】より

…3世杵屋(きねや)勘五郎編《杵屋系譜》では,元和年間(1615‐24)に江戸に下った初世杵屋勘五郎杵屋の始祖とし,3代目杵屋勘五郎(杵屋の3代目であり,杵屋勘五郎名義では2世)を〈長哥三絃始祖〉としているが確証はない。次の野郎歌舞伎は元禄期(1688‐1704)を迎えて急速な進歩をとげ,顔見世的な総踊り以外に〈続き狂言〉の幕間にも舞踊が盛んに上演されるようになり,上方に岸野次郎三,山本喜市などの作曲者や三味線演奏者,江戸にも杵屋喜三郎,杵屋六三郎などが現れた。その伴奏音楽も最初は〈小うた〉〈うた〉などとも呼ばれていたが,元禄期ころからは〈長うた〉と呼ばれるようになった。…

※「杵屋六三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

杵屋六三郎の関連キーワード杵屋杵屋栄蔵杵屋勘五郎杵屋佐吉杵屋六左衛門杵屋勝三郎杵屋勘五郎(2代)杵屋佐吉(4代)鳥羽屋里長(初代)杵屋正次郎(杵屋正治郎)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone