コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵡川(むかわ)ししゃも

デジタル大辞泉プラスの解説

鵡川(むかわ)ししゃも

北海道勇払郡の鵡川地域で水揚げされるししゃも、またその地域で加工されるししゃもの干物。地域団体商標

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

鵡川ししゃも[水産]
むかわししゃも

北海道地方、北海道の地域ブランド。
勇払郡むかわ町で水揚げされている。ししゃもは、北海道の太平洋沿岸の限られた地域にしか生息しない大変貴重な魚種。かつてはアイヌの人たちに「神がくれた魚」として尊ばれた。目刺しで縄に挟み軒先につながれた何十連もの鵡川ししゃものすだれ干しは、秋から冬にかけての風物詩として全国的に知られている。なお、地元の料理店では生のししゃもを刺身や寿司で食べることができる。2006(平成18)年11月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5003522号。地域団体商標の権利者は、鵡川漁業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

鵡川(むかわ)ししゃもの関連キーワード北海道勇払郡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android