鶏犬相聞こゆ(読み)けいけんあいきこゆ

故事成語を知る辞典「鶏犬相聞こゆ」の解説

鶏犬相聞こゆ

平和でのどかな農村情景のたとえ。

[使用例] 町や都会へは、かれ等は滅多に出て行かなかった。老人が留守を守っている農家鶏犬の声のかにきこえる村落[田山花袋*帰国|1916]

[由来] 四~五世紀の中国の詩人とうえんめい(正式な名はとうせん)の「とうげん」という文章の一節から。ある漁師が桃の花が咲き乱れる川をさかのぼっていって迷い込んだ理想郷は、田んぼやため池、竹や桑などが生えた林の間に道がきれいに整備されていて、「鶏犬の声相聞こゆ(あちこちからニワトリや犬の鳴き声が聞こえてくる)」という場所だった、と描かれています。

[解説] 「桃花源記」に描かれた理想郷からは、「桃源という故事成語も生まれています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「鶏犬相聞こゆ」の解説

鶏犬(けいけん)相聞こゆ

《「老子」80章から。にわとりと犬の鳴き声が方々から聞こえてくる意》村里の家が続いているようすをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「鶏犬相聞こゆ」の解説

けいけん【鶏犬】 相聞(あいき)こゆ

鶏と犬の鳴き声があちらこちらから聞こえて来るの意で、村里が家つづきになっているようすをいう。〔老子‐八〇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android