鶴ヶ島[市](読み)つるがしま

百科事典マイペディアの解説

鶴ヶ島[市]【つるがしま】

埼玉県中南部の市。1991年市制。武蔵野台地上の畑作地帯を占め,米,麦栽培を中心としていたが,狭山茶施設園芸,花卉栽培などへ転換してきている。1960年代以降,電気機器,金属など工場の進出が激しく,人口も急増している。東武鉄道東上線・越生(おごせ)線,関越自動車道が通じ,1996年圏央道の鶴ヶ島ジャンクションと青梅IC間が開通した。17.65km2。6万9990人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つるがしま【鶴ヶ島[市]】

埼玉県中央部の市。人口6万6208(1995)。1991年市制。入間台地の東部に位置し,川越市の西に接する。享保年間(1716‐36)以降台地の平地林開墾が始められ,第2次大戦後まで開墾が続けられて,共栄富士見・鶴ヶ丘・高倉の開拓地へ県内からの入植者が来住した。養蚕麦作,サツマイモ栽培を中心とする畑作農村だったが,現在は,養鶏と野菜づくりが中心である。1960年代以降,戦後の開拓地に工場や住宅がふえ,70年代から人口が急増した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android