コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹巣呉門 たかす ごもん

1件 の用語解説(鷹巣呉門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷹巣呉門 たかす-ごもん

1772-1828 江戸時代中期-後期の儒者。
安永元年生まれ。はじめ豊後(ぶんご)(大分県)岡藩藩校由学館でまなび,のち江戸の古屋昔陽(せきよう),葛西因是(かさい-いんぜ),熊本の大城壺梁(おおき-こりょう)らに師事。帰藩後藩校で司業をつとめた。文政11年8月21日死去。57歳。名は公朝。字(あざな)は子聘。通称は甚三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鷹巣呉門の関連キーワード噺本ツンベリーシュレーゲル(兄弟)本多髷工藤平助ワイアット鹿の子餅・鹿の子餠安永礒田湖竜斎一筆斎文調

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone