鷹野徳右衛門(読み)たかの とくえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷹野徳右衛門 たかの-とくえもん

1825-1904 明治時代の公共事業家。
文政8年生まれ。もと加賀(石川県)清水谷の郷士金沢と富山県福光間の車道開削を計画,明治11年許可をえて着工し,私財を投ずるなどして17年完成した。明治37年5月死去。80歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android