コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島ゑつ かしま えつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島ゑつ かしま-えつ

1880-1925 明治-大正時代の芸妓(げいぎ)。
明治13年生まれ。東京新橋玉の家の抱えでぽん太と称する。写真館をいとなむ鹿島清兵衛の美人絵葉書のモデルとなった縁で身請けされ妻となる。夫が負傷して廃業したため,踊りの師匠などで生計をささえ貞女ぽん太といわれた。大正14年3月死去。46歳。旧姓谷田。名は恵津子とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鹿島ゑつの関連キーワード大正時代芸妓明治

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android