鹿島ゑつ(読み)かしま えつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島ゑつ かしま-えつ

1880-1925 明治-大正時代の芸妓(げいぎ)。
明治13年生まれ。東京新橋玉の家の抱えでぽん太と称する。写真館をいとなむ鹿島清兵衛の美人絵葉書のモデルとなった縁で身請けされ妻となる。夫が負傷して廃業したため,踊りの師匠などで生計をささえ貞女ぽん太といわれた。大正14年3月死去。46歳。旧姓谷田。名は恵津子とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android