コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島清兵衛 かしま せいべえ

2件 の用語解説(鹿島清兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島清兵衛 かしま-せいべえ

1866-1924 明治-大正時代の写真家,能楽師笛方。
慶応2年大坂の造り酒屋鹿島屋の次男に生まれ,東京の鹿島屋の養子となる。写真界のパトロンとして知られ,みずからも写真館玄鹿館をいとなんだ。のち鹿島家から除籍され,三木助月の芸名で梅若流笛方としてならした。大正13年8月6日死去。59歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鹿島清兵衛

没年:大正13.8.6(1924)
生年:慶応2(1866)
明治大正期の写真界に君臨した名士。兵庫の造酒屋に生まれ東京の分家の養子となる。写真技術の向上に投資援助をいとわず,また自らも写真業を営み,その豪奢さは「写真のお大尽」と称された。

(平木収)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鹿島清兵衛の言及

【写真館】より

…その後,明治も半ばをすぎると豪華なしつらえを誇る写真館が登場した。なかでも,1895年に鹿島清兵衛が東京木挽町に開業した玄鹿館は間口10間,奥行き15間の洋館2階建てで,2500燭光の照明を備えた写場には,まわり舞台がしつらえてあって,書割りがわりに芝居の道具を使い,客の希望にあわせて,時代物,世話物など,あらゆる演出が可能なほどの凝りようであったという。【加藤 秀俊】。…

※「鹿島清兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鹿島清兵衛の関連キーワード池田亀太郎(1)葛城思風桑田正三郎清水宇助鈴木真一竹本弥太夫(6代)松浦栄丸木利陽守田来蔵渡辺勉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone