コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島則文 かしま のりぶみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島則文 かしま-のりぶみ

1839-1901 幕末-明治時代の神職。
天保(てんぽう)10年1月13日生まれ。家は代々常陸(ひたち)(茨城県)鹿島神宮大宮司。安井息軒らに儒学をまなぶ。文久3年鹿島に文武館を設立。尊攘(そんじょう)運動にくわわり,幕府に忌(い)まれて慶応2年八丈島へ流された。明治2年ゆるされ,鹿島神宮大宮司をへて17年伊勢神宮大宮司となり,神宮皇学館の設立や「古事類苑」の出版につくした。明治34年10月10日死去。63歳。通称は布美麿,矗之輔。号は桜宇。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鹿島則文

没年:明治34.10.10(1901)
生年:天保10.1.13(1839.2.26)
明治時代の神道家で,鹿島神宮大宮司,伊勢神宮大宮司。常陸国(茨城県)の鹿島神宮大宮司鹿島則孝の長男。幼少から学問好きで,文久3(1863)年に鹿島に文武館を設立したが,その思想,行動が幕府の忌諱に触れ,八丈島に流された。明治6(1873)年鹿島神宮の大宮司となり,次いで同17年に伊勢神宮の大宮司に任じられた。大宮司として神宮の祭儀復興,神宮皇学館や林崎文庫の整備拡充,あるいは明治時代の大百科事典ともいうべき『古事類苑』の刊行などに尽力したが,同31年の内宮炎上の責任を取って辞職した。<参考文献>『鹿島町史』

(阪本是丸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

鹿島則文の関連キーワード[各個指定]芸能部門オーストラリア・ニュージーランド文学イギリス史(年表)タンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)シカゴ・ホワイトソックスアメリカ音楽

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android