コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島則文 かしま のりぶみ

2件 の用語解説(鹿島則文の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島則文 かしま-のりぶみ

1839-1901 幕末-明治時代の神職。
天保(てんぽう)10年1月13日生まれ。家は代々常陸(ひたち)(茨城県)鹿島神宮大宮司。安井息軒らに儒学をまなぶ。文久3年鹿島に文武館を設立。尊攘(そんじょう)運動にくわわり,幕府に忌(い)まれて慶応2年八丈島へ流された。明治2年ゆるされ,鹿島神宮大宮司をへて17年伊勢神宮大宮司となり,神宮皇学館の設立や「古事類苑」の出版につくした。明治34年10月10日死去。63歳。通称は布美麿,矗之輔。号は桜宇。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鹿島則文

没年:明治34.10.10(1901)
生年:天保10.1.13(1839.2.26)
明治時代の神道家で,鹿島神宮大宮司,伊勢神宮大宮司。常陸国(茨城県)の鹿島神宮大宮司鹿島則孝の長男。幼少から学問好きで,文久3(1863)年に鹿島に文武館を設立したが,その思想,行動が幕府の忌諱に触れ,八丈島に流された。明治6(1873)年鹿島神宮の大宮司となり,次いで同17年に伊勢神宮の大宮司に任じられた。大宮司として神宮の祭儀復興,神宮皇学館や林崎文庫の整備拡充,あるいは明治時代の大百科事典ともいうべき『古事類苑』の刊行などに尽力したが,同31年の内宮炎上の責任を取って辞職した。<参考文献>『鹿島町史』

(阪本是丸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿島則文の関連キーワード田中頼庸三室戸和光大宮司少宮司神宮神部署神宮司庁神宮大麻鹿島鶴翁鹿島武主佐佐木行忠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone