コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島田真希 かしまだまき

3件 の用語解説(鹿島田真希の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

鹿島田真希

女性作家。1976年10月26日、東京都生まれ。1998年、『二匹』で第35回文藝賞を受賞しデビュー。以来、宗教などをテーマに前衛的な作品を執筆している。05年、『六〇〇〇度の愛』で第18回三島由紀夫賞受賞、07年に『ピカルディーの三度』で第29回野間文芸新人賞を受賞。12年には、母と弟からの抑圧に苦しむ主人公が、脳の病気を抱える夫との小旅行を通して自分を取り戻すまでの心情を描いた『冥土めぐり』で第147回芥川賞を受賞。『ナンバーワンコンストラクション』『女の庭』『その暁のぬるさ』の3作に次ぐ4度目のノミネートで同賞に輝き、笙野頼子以来の三冠作家となった。

(2012-07-18)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かしまだ‐まき【鹿島田真希】

[1976~ ]小説家。東京の生まれ。大学在学中に「二匹」で文芸賞を受賞してデビュー。「冥土めぐり」で芥川賞受賞。他に「六〇〇〇度の愛」「女の庭」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島田真希 かしまだ-まき

1976- 平成時代の小説家。
昭和51年10月26日生まれ。白百合女子大在学中の平成10年「二匹」で文芸賞。17年「六〇〇〇度の愛」で三島由紀夫賞。19年「ピカルディーの三度」で野間文芸新人賞。24年4度目の候補作の「冥土めぐり」で芥川賞を受賞。東京都出身。作品はほかに「白バラ四姉妹殺人事件」「ナンバーワン・コンストラクション」「女の庭」「ゼロの王国」「その暁のぬるさ」「来たれ、野球部」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鹿島田真希の関連キーワード安政五ヵ国条約雷記念日東京都平和の日都民の日日本茶の日ペンの日東京遷都残留孤児・婦人訴訟判決伊藤武男了海

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿島田真希の関連情報