麝香の間祗候(読み)ジャコウノマシコウ

大辞林 第三版の解説

じゃこうのましこう【麝香の間祗候】

旧制で、華族・親任官および維新の功労者優遇のために設けられた資格。時々、宮中麝香の間に祗候した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゃこう【麝香】 の 間(ま)祗候(しこう)

勲功のある華族、あるいは官吏などを優遇して与えた資格で、時々、皇居内麝香の間に祗候し、天皇の相手などをすること。
※風俗画報‐二四二号(1901)人事門「皇族親任官公爵従一位勲一等及各省 陸海軍省は除く 勅任官総代麝香間祇候総代錦鶏間祇候総代有爵者総代〈略〉昇殿」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android