コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麦角菌 バッカクキン

大辞林 第三版の解説

ばっかくきん【麦角菌】

子囊菌類に属する菌類。イネ科植物の主にムギ類の子房に寄生し、結実する頃、穂上に長さ1~3センチメートルのかたい菌核を形成する。地上に落ちた菌核は翌春、玉針状のキノコを数個生じる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

麦角菌の関連キーワード麦角病(リードカナリーグラス)麦角病(オーチャードグラス)麦角病(ライグラス)麦角病(パスパルム)麦角病(ライムギ)麦角病(フェスク)麦角病(チモシー)マイコトキシンアセチルコリン子宮収縮剤阿部 又三薬用菌類麦角中毒阿部又三子囊菌類子嚢菌キノコ翌春麦角数個

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android