コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和白 わじろ

3件 の用語解説(和白の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和白
わじろ

福岡県北西部,福岡市東区の北部にある地区。博多湾の北東隅に面し,海ノ中道の基部にある。旧町名。 1960年福岡市に編入。現在は住宅地区として発展。近くに海水浴場,ゴルフ場などがある。付近は玄海国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

和白
わはく
hwabaek

朝鮮,新羅の族長会議。『新唐書』東夷伝新羅の条に,新羅政治の特色として重要な国政は多数の人が討議し,反対者が1人でもあれば実施しないとあり,この会議を和白といった。新羅の王位は当初は和白による推戴という形式をとった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わはく【和白】

朝鮮,新羅の有力貴族によって組織された会議。国家の大事を決定したといわれている。《新唐書》新羅伝は,〈事を行うのに必ず会議を開いた。これを和白と呼び,一人でも異議を唱えれば決定されなかった〉と,そのようすを伝えている。おそらく統一新羅時代のことと思われる。同様の会議形態は《隋書》新羅伝にもみられ,さらに《三国遺事》巻一の真徳王条は,大事の決定に際しては大臣が霊地におもむいて合議したと伝えている。和白の呼称がいつごろから始まったかは不明であるが,国事を決定するための会議は古くから行われていたとみてよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和白の関連情報