コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄化処理 おうかしょりetiolation treatment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄化処理
おうかしょり
etiolation treatment

緑色の植物体や発芽種子を光から遮断し,茎部を黄化させること。これによりクロロフィル (→葉緑素 ) の生成がなされず,カロテノイドだけの存在が認められ黄白色になる。もやし,ウドミツバなどを人工的につくった暗所のなかや,畑で盛土をして光をさえぎったなかで栽培する軟化栽培,および発根が困難な果樹花木挿穂に黒いビニルをかぶせて発根を促進させる方法が用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

黄化処理の関連キーワード行方市北浦挿木

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android