黄塵(読み)コウジン

デジタル大辞泉の解説

こう‐じん〔クワウヂン〕【黄×塵】

空が黄色く見えるほどの激しい土ぼこり。 春》「―の野面の隅に雪の富士/秋桜子
世の中の俗事。世間の煩わしさ。俗塵。「黄塵にまみれる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐じん クヮウヂン【黄塵】

〘名〙
① 黄色のつちけむり。黄埃(こうあい)。《季・春》→黄塵万丈
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「黄塵紛々、戸障に入り、木葉を蔽ひ、田園に累り、泉水亦た黄濁」 〔潘岳‐藉田賦〕
② わずらわしい世間の俗事。世俗のわずらい。俗塵。
※蕉堅藁(1403)題扇面画「過橋欲何往、破帽走黄塵

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報