黄花石南花(読み)キバナシャクナゲ

  • 黄花石▽南▽花
  • 黄花石南花 (キバナシャクナゲ)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ツツジ科の常緑低木。本州中部以北の高山帯に生える。茎は地上を横に這い、枝は斜上して高さ一五~五〇センチメートルになり、基部は数年間残存する鱗片に包まれている。葉は有柄、長さ三~五センチメートルの長楕円形または倒卵形で表面にはしわがあり、枝端に輪生状に密生。夏、枝先に数個の花柄を出し、黄色花を横向きにつける。花冠は径三センチメートルの漏斗状鐘形で五裂し、上部の内面に斑点がある。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android