コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄花石南花 キバナシャクナゲ

デジタル大辞泉の解説

きばな‐しゃくなげ【黄花石花】

ツツジ科の常緑低木。本州中部以北の高山に生える。茎は地をはい、枝は上を向く。葉は長楕円形で、枝先に輪状につく。夏、黄色の漏斗状の花を数個つける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きばなしゃくなげ【黄花石南花】

ツツジ科の常緑小低木。高山に生える。葉は質厚く、枝頂付近に輪生状に密生する。初夏、枝頂に淡黄色の漏斗状の花を数個つける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄花石南花 (キバナシャクナゲ)

学名:Rhododendron aureum
植物。ツツジ科の常緑小低木,高山植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android