コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黎朝刑律 れいちょうけいりつLê-triêu-hinh-luât

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黎朝刑律
れいちょうけいりつ
Lê-triêu-hinh-luât

ベトナム,黎朝法典。 1908年その写本が発見されたベトナム現存最古の法典。明確な成立年代はわからないが,聖宗洪徳年間 (1470~96) の律にほぼよっているという。その内容は,明律による部分もあるが,刑法,土地法,取引法などに唐律令の影響による部分が多く,唐の令に相当する条文にも刑罰規定を加えて律としている点に特色がある。しかも固有法のすべてを投捨てて,中国法を受入れたものではなく,賠償制,村落制,土地割替制,財産相続制などに,その固有法を示している。本書はハノイに写本を蔵するほか,『歴朝憲章類誌』刑律誌にその大部分が収められ,R.ドルースタルのフランス語訳がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

黎朝刑律の関連キーワードレ朝刑律皇越律例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android