黒山諸島(読み)こくざんしょとう(英語表記)Hǔksan‐chedo

世界大百科事典 第2版の解説

こくざんしょとう【黒山諸島 Hǔksan‐chedo】

朝鮮半島の西南端の沖合,黄海上に南北につらなる群島。有人14,無人38,合計52の島がある。面積18km2の大黒山島に人口の大部分が集中し,住民の多くは半農半漁の生活を営んでいる。1980年現在全島合計で人口9861だが急速に減少しており,無人化が進んでいる。周囲はタチウオ,イワシの漁場であり,ノリの養殖なども行われている。ケイ砂の産地として知られている。【谷浦 孝雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android