コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒山諸島 こくざんしょとうHǔksan‐chedo

世界大百科事典 第2版の解説

こくざんしょとう【黒山諸島 Hǔksan‐chedo】

朝鮮半島の西南端の沖合,黄海上に南北につらなる群島。有人14,無人38,合計52の島がある。面積18km2の大黒山島に人口の大部分が集中し,住民の多くは半農半漁の生活を営んでいる。1980年現在全島合計で人口9861だが急速に減少しており,無人化が進んでいる。周囲はタチウオ,イワシの漁場であり,ノリの養殖なども行われている。ケイ砂の産地として知られている。【谷浦 孝雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報