北安(読み)ほくあん

日本大百科全書(ニッポニカ)「北安」の解説

北安
ほくあん / ペイアン

中国、黒竜江(こくりゅうこう)省中部の県級市。旧竜鎮(りゅうちん)県。1982年三度目の市制施行。黒河(こくか)地級市に属する。常住人口43万6444(2010)。小興安嶺(しょうこうあんれい)の西麓に位置し、浜北線(ハルビン―北安)、斉北(せいほく)線(チチハル―北安)が通じる。1932年の鉄道開通以来開拓が進み人口が急増した。大豆、小麦、テンサイ、トウモロコシ、コウリャン、アワ、ジャガイモなどが大規模な国営農場を中心に生産される。食品加工、木製品などの工場が立地する。

[浅井辰郎・編集部 2017年7月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「北安」の解説

北安【ほくあん】

中国,黒竜江省中部,小興安嶺興安嶺)の中部西麓の都市。綏北(綏化〜北安)・斉北(チチハル〜北安)両鉄路の交点に当たり,付近農産物の集散地として,1930年代から急速に発達。解放後は東北地区北東部の林業の中心地として重要。1963年北黒森林鉄路(北安〜黒河)が開通。46万人(2014)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報