コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北安 ほくあん

2件 の用語解説(北安の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

北安【ほくあん】

中国,黒竜江省中部,小興安嶺興安嶺)の中部西麓の都市。綏北(綏化〜北安)・斉北(チチハル〜北安)両鉄路の交点に当たり,付近農産物の集散地として,1930年代から急速に発達。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北安
ほくあん / ペイアン

中国、黒竜江省中部の市。旧竜鎮(りゅうちん)県。1982年三度目の市制施行。人口47万9337(2000)。小興安嶺(しょうこうあんれい)の西麓(せいろく)に位置し、綏北(すいほく)・斉北(さいほく)両鉄道が通じる。1932年の鉄道開通以来開拓が進み人口が急増した。大豆、小麦、テンサイ、トウモロコシ、コウリャン、アワ、ジャガイモなどが大規模な国営農場を中心に生産される。[浅井辰郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北安の関連情報