コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒潮反流 くろしおはんりゅうKuroshio Counter-Current

海の事典の解説

黒潮反流

日本の沿岸に沿って東ないし北東に流れる黒潮の沖側に、ちょうど逆の西ないし南西に向かう幅の広い弱い流れがあり、黒潮反流と呼ばれている。海洋中にある 種々の中規模の渦のため、海水は常に一方向に流れるとは限らず、連続した流れというよりは、平均場に現れる海流である。また、黒潮の沖側の縁にある時計周 りの渦の南西に向かう部分も黒潮反流の一部を構成する。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

世界大百科事典内の黒潮反流の言及

【黒潮】より

… また,黒潮は平均的には西から東に流れるが,この黒潮本流の南側に反対方向に向かう流れが観測されている。これは黒潮反流と呼ばれ,流速0.3ノット程度の弱い流れである。 黒潮本流は関東東岸から沿岸を離れるが,この部分を本州南岸の流れと区別して黒潮続流ということがある。…

※「黒潮反流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒潮反流の関連キーワードフィリピン海黒潮続流四国海盆

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android