コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒瀬一郎助 くろせ いちろうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒瀬一郎助 くろせ-いちろうすけ

1836-1868 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)7年生まれ。藤村紫朗の兄。肥後熊本藩の足軽。文久2年横井小楠の暗殺をはかったが失敗。長州藩兵とともに下関での外国船砲撃,禁門の変などに参加。のち小楠襲撃犯人として捕らえられ,慶応4年2月3日殺された。33歳。名は美之。通称は市郎助ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

黒瀬一郎助の関連キーワード堤松左衛門運動家尊攘

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android