コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒瀬川構造帯(読み)くろせがわこうぞうたい

百科事典マイペディアの解説

黒瀬川構造帯【くろせがわこうぞうたい】

和歌山県湯浅町から高知県越知町,愛媛県西予市城川町(旧黒瀬川村)などを通り,熊本県八代市付近に至る大構造帯。この構造帯には,日本最古の地層シルル〜デボン系,それよりさらに古い寺野変成岩,三滝火成岩(おもに花コウ岩),古生代の高圧型変成岩などが蛇紋岩にともなわれて点々と分布している。周辺の秩父帯の岩石とは構成岩石の特徴が異なり,古期岩石からなるクリッペとする説や大規模な横ずれ断層帯とする考えなどが提案されている。
→関連項目秩父帯飛騨外縁帯

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろせがわこうぞうたい【黒瀬川構造帯】

西南日本外帯の秩父帯にある構造帯で,九州から四国をへて紀伊半島にのびる。そこには周囲の上部古生界や中生界とは異質な種々の岩体が断層にかこまれ,レンズ状ないし帯状をなして1~2列,ときに数列にわたって断続的に露出している。この構造帯を特徴づける古期岩類は,酸性火山岩に富むシルル~デボン系(岡成(おかなろ)層群),角セン岩や片麻岩などの高度変成岩(寺野変成岩),圧砕花コウ岩類(三滝火成岩)および超塩基性岩であり,一部では低温高圧型変成岩も知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる