コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒点病 こくてんびょうspot

翻訳|spot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒点病
こくてんびょう
spot

糸状菌 (→カビ ) の一種で不完全菌類,または子嚢菌類に属する菌類による植物の伝染性の病害の総称。罹患部 (果実,葉,茎など) に多数の黒褐 (緑) 色様の小粒点,または斑紋を生じる病徴から一般に黒点病と呼ばれる。おもにリンゴ柑橘類,カキなどの病害として知られるが,ほかに小麦,大麦,稲,大豆などにも寄生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒点病
こくてんびょう

柑橘(かんきつ)類、ダイズ、リンゴの病気。柑橘類黒点病は温州(うんしゅう)ミカンの重要な病気の一つであり、ディアポルテ・シトリDiaporthe citriという糸状菌の寄生によっておこり、メラノーズ、軸腐(じくぐされ)病ともいわれる。果実に小さい黒色のやや盛り上がった病斑(びょうはん)が点々とできる。発生がひどいときには、果実の表面に黒い汁を流したようになることもある。病原菌が果梗(かこう)(へた)の部分から侵入すると、貯蔵中に果梗の部分を中心に淡褐色ないし黒褐色になって腐敗する。また若い葉や枝を侵して枯らすことがある。ダイズ黒点病はディアポルテ・ファゼオロルムDiaporthe phaseololumという糸状菌の寄生によっておこる。莢(さや)や茎に発生し、莢が侵されるとミイラ状になって実がつかない。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の黒点病の言及

【魚病】より

…主症状=メタセルカリア期の幼生が若年魚の皮膚の結合組織内に薄い被膜に包まれて多数寄生する。 黒点病病因=Metagonimus yokogawai(横川吸虫)。病魚=アユなどの淡水魚。…

※「黒点病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone