黒田湖山(読み)くろだ こざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田湖山 くろだ-こざん

1878-1926 明治-大正時代の小説家,新聞記者。
明治11年5月25日生まれ。東京専門学校(現早大)にまなび,巌谷小波(いわや-さざなみ)に師事。中央新聞社,中外商業新報社などにつとめる。明治32年キプリングの「ジャングル-ブック」を「狼少年」の題名で翻訳し,35年「饒舌(じょうぜつ)」を発刊,主宰した。大正15年2月18日死去。49歳。滋賀県出身。本名は直道。作品に「大学攻撃」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android