コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒百合 クロユリ

デジタル大辞泉の解説

くろ‐ゆり【黒百合】

ユリ科の多年草。本州中部以北の高山に生え、茎は直立し高さ20~30センチ。葉は4、5枚が数段に輪生する。夏、茎の先に暗紫色の花を一つ下向きに開く。 夏》「―の曇りを蔵す日なりけり/みどり女」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろゆり【黒百合】

ユリ科の多年草。本州中部以北の高山の草原に生える。高さ30センチメートル 内外で、披針形の葉を輪生する。初夏、茎頂に暗紫褐色で斑点がある鐘状花を一個または数個横向きにつける。鱗茎は食用。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黒百合 (クロユリ・コクユリ)

学名:Fritillaria camtschatcensis
植物。ユリ科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

黒百合の関連キーワード北オホーツク道立自然公園フリティラリア沢田 はぎ女可西 希代子花岡 菊子水上滝太郎織井 茂子織井茂子黒百合姫披針形鐘状花斑点鱗茎数個食用草原内外初夏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒百合の関連情報