コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三冬 サントウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐とう【三冬】

初冬・仲冬・晩冬の3か月。冬季の3か月。陰暦の10・11・12月。
3回、を過ごすこと。3か年。

み‐ふゆ【三冬】

冬の3か月。陰暦10月・11月・12月。さんとう。
「かぞふるも―の後の冬なればいとど寒さのきはめ行くかな」〈夫木・一八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんとう【三冬】

初冬・仲冬・晩冬(孟冬・仲冬・季冬)の総称。冬の三か月。陰暦10月・11月・12月。 [季] 冬。 「潜竜は-に蟄して、一陽来復の天を待つ/太平記 4

みふゆ【三冬】

冬の三か月。陰暦10・11・12月。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三冬の関連キーワードニョッキ・ビアーニ二冬極氷、二冬氷ビッソラーティ亀山の仇討物猪熊 夏樹富家五十鈴吉成好信一陽来復友安良介富山定功中村尚輔吉田蕃教猪熊夏樹友安盛敏中川黙堂極める松岡調紀俊和初冬冬季

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三冬の関連情報