三冬(読み)サントウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐とう【三冬】

初冬・仲冬・晩冬の3か月。冬季の3か月。陰暦の10・11・12月。
3回、冬を過ごすこと。3か年。

み‐ふゆ【三冬】

冬の3か月。陰暦10月・11月・12月。さんとう。
「かぞふるも―の後の冬なればいとど寒さのきはめ行くかな」〈夫木・一八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんとう【三冬】

初冬・仲冬・晩冬(孟冬・仲冬・季冬)の総称。冬の三か月。陰暦10月・11月・12月。 [季] 冬。 「潜竜は-に蟄して、一陽来復の天を待つ/太平記 4

みふゆ【三冬】

冬の三か月。陰暦10・11・12月。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐とう【三冬】

〘名〙 冬の三か月。孟冬(陰暦一〇月)・仲冬(陰暦一一月)・季冬(陰暦一二月)の総称。また、三度の冬。三か年。《季・冬》
※懐風藻(751)贈旧識〈石上乙麻呂〉「万里風塵別、三冬蘭蕙衰」
※今昔(1120頃か)一三「一百果の柚を以て三冬の食としてぞ有ける」 〔漢書‐東方朔伝〕

み‐ふゆ【三冬】

〘名〙 冬の三か月。陰暦の一〇月・一一月・一二月の総称。さんとう。
※十六夜日記(1279‐82頃)「比は三冬たつはじめのさだめなきそらなれば、ふりみふらすみ時雨もたえず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三冬の関連情報