黒臼子(読み)クロウスゴ

  • 黒臼子 (クロウスゴ)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ツツジ科の落葉小低木。北海道、本州中部以北の高山帯に生える。茎はよく分枝して高さ三〇~一〇〇センチメートルになり、若枝には稜がある。葉は互生し、長さ二~三センチメートルの倒卵状楕円形。夏、葉腋(ようえき)に白色で小さな壺形の花を一個下垂する。果実は径約一センチメートルの球形。紫黒色に熟し、表面に白粉をふき食べられる。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android