コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒谷上人語灯録 クロダニショウニンゴトウロク

デジタル大辞泉の解説

くろだにしょうにんごとうろく〔くろだにシヤウニンゴトウロク〕【黒谷上人語灯録】

鎌倉時代の仏教書。18巻。了慧編。文永11~12年(1274~1275)成立。法然遺文法語集録漢語灯録10巻、和語灯録5巻、拾遺3巻からなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くろだにしょうにんごとうろく【黒谷上人語灯録】

道光(望西楼了慧)編。1274年(文永11)11月から翌年1月の間に成立。浄土宗の宗祖法然房源空の遺文,消息,法語などを集成したもの。全18巻からなる。漢文体と和文体のものに分かれ,1巻から10巻までは漢語,11巻から15巻までは和語,別に拾遺3巻があり,上巻に漢語,中下巻に和語が収録されている。法然滅後60余年の時期において,法然の遺文などの定本をつくり,教義,信仰上の準拠たらしめんとしたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

黒谷上人語灯録の関連キーワード道光(2)鎌倉時代道光