コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒谷上人語灯録 クロダニショウニンゴトウロク

2件 の用語解説(黒谷上人語灯録の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くろだにしょうにんごとうろく〔くろだにシヤウニンゴトウロク〕【黒谷上人語灯録】

鎌倉時代の仏教書。18巻。了慧編。文永11~12年(1274~1275)成立。法然の遺文・法語の集録。漢語灯録10巻、和語灯録5巻、拾遺3巻からなる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くろだにしょうにんごとうろく【黒谷上人語灯録】

道光(望西楼了慧)編。1274年(文永11)11月から翌年1月の間に成立。浄土宗の宗祖法然房源空の遺文,消息,法語などを集成したもの。全18巻からなる。漢文体と和文体のものに分かれ,1巻から10巻までは漢語,11巻から15巻までは和語,別に拾遺3巻があり,上巻に漢語,中下巻に和語が収録されている。法然滅後60余年の時期において,法然の遺文などの定本をつくり,教義,信仰上の準拠たらしめんとしたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone