コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼈甲飴 ベッコウアメ

デジタル大辞泉の解説

べっこう‐あめ〔ベツカフ‐〕【×鼈甲×飴】

黒砂糖や赤ざらめなどを煮て溶かし、型に流して固めた飴。色が鼈甲に似る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

べっこうあめ【鼈甲飴】

ざらめ糖を煮溶かして型に流し入れて冷まし、薄く固めたあめ。◇色が鼈甲(べっこう)に似るところから。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

べっこうあめ【鼈甲飴】

〔色が鼈甲に似ているところから〕
ざらめを加熱して溶かし、型に入れて薄く伸ばし固めた飴。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鼈甲飴の関連キーワードざらめ糖黒砂糖

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鼈甲飴の関連情報