金太郎飴(読み)きんたろうあめ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金太郎飴
きんたろうあめ

切り飴(あめ)の一種。丸い棒状のさらし飴で、どこを切っても断面に金太郎の顔が現れるように細工したもの。江戸時代中期から売られていた。製法は、まず金太郎の顔を組み立てる飴(肉板)を用意し、顔の色を出すのに赤飴、頭髪や眉毛(まゆげ)、目の部分にはココアやカラメル(昔は墨を用いていた)を混ぜた飴を用意する。肉板の上にあご、口、両頬(ほお)、鼻、目、眉毛、額、頭髪の部分となる飴を順に積み重ね、肉板で周りをくるむ。これを長く引き伸ばし、包丁で切りそろえればできあがる。飴の柔らかいうちに手早く作業するが、すべて手仕事であるから顔の表情は飴の1本ごとに異なるところがおもしろい。市(いち)の日や縁日、祭礼には、「飴の中から金太さんが出たよ」の売り声が子供の人気をさらってきた。東京・台東(たいとう)区根岸に、老舗(しにせ)の金太郎飴本店がある。

[沢 史生]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

きんたろう‐あめ〔キンタラウ‐〕【金太郎×飴】

どこを切っても切り口に金太郎の顔が現れる棒状の飴。
1から転じて)似たり寄ったりで違いのないこと、画一的であることのたとえ。「今年の新入社員は金太郎飴だ」「金太郎飴的な補助金政策」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きんたろう‐あめ キンタラウ‥【金太郎飴】

〘名〙 切り飴の一つ。まるい棒状の飴のどこを切っても、断面に金太郎の顔があらわれるようにつくられたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android