鼻前庭湿疹(乾燥性前鼻炎)(読み)びぜんていしっしんかんそうせいぜんびえん(英語表記)Rhinitis Sicca Anterior

家庭医学館の解説

びぜんていしっしんかんそうせいぜんびえん【鼻前庭湿疹(乾燥性前鼻炎) Rhinitis Sicca Anterior】

[どんな病気か]
 鼻の入り口が荒れて、かさぶたができ、かゆみや刺激がある状態です。
 鼻の入り口(鼻前庭)の荒れ(湿疹)が主ですが、鼻前庭のうしろに続く鼻中隔粘膜(びちゅうかくねんまく)にも荒れが進んで潰瘍(かいよう)ができ、鼻血(はなぢ)が出ることもあります。
[原因]
 どうしておこったのかわからないことも多いのですが、おとなでは鼻をほじるくせ、鼻毛を抜くくせのある人に多く見受けられます。
 また鼻毛を伸ばしたままにして不潔にしておくとおこります。
 子どもは、鼻の病気(鼻(はな)アレルギー、副鼻腔炎(ふくびくうえん))があると、鼻汁(びじゅう)の刺激でできやすくなります。
[治療]
 皮膚の湿疹と同様、軟膏(なんこう)(副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンと抗生物質の入ったもの)を鼻前庭に塗(ぬ)ります。風呂(ふろ)上がりと朝の起床時の2回塗るようにするといいでしょう。おとなは鼻毛をきれいに刈ります。子どもで鼻の病気があれば、それをまず治します。
 湿疹は刺激するとよけいに悪くなります。鼻をほじる、鼻毛を抜く、鼻をこする、などはやめましょう。鼻をこすったり、いじったりするくせのある子は、行儀が悪いと決めつけないで、鼻の病気がないか、耳鼻科で診察を受けてください。
 この病気は再発しやすいので、根気よく治療を受けてください。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android