コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龐居士 ほうこじPáng jū shì

世界大百科事典 第2版の解説

ほうこじ【龐居士 Páng jū shì】

?‐815
中国,唐代の仏教者。名は蘊。衡州(湖南省衡陽)の人。馬祖石頭に参禅して,印可を得るが,出家せず,晩年は家族と襄陽の鹿門山に住み,禅風を起こす。梁の傅(ふ)大士とともに,東土の維摩とよばれる。禅僧との問答が多く,その偈頌(げじゆ)300首とあわせて,早くより語録としてまとめられた。これは節度使于頔(うてき)の編と伝える。 宋代,禅宗士大夫の信を得るとともに,水墨や文学のテーマとなり,居士の意味が拡大して,龐居士の伝記が変貌する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

龐居士の関連キーワード禅機図

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android