コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龐居士 ほうこじ Páng jū shì

1件 の用語解説(龐居士の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほうこじ【龐居士 Páng jū shì】

?‐815
中国,唐代の仏教者。名は蘊。衡州(湖南省衡陽)の人。馬祖と石頭に参禅して,印可を得るが,出家せず,晩年は家族と襄陽の鹿門山に住み,禅風を起こす。梁の傅(ふ)大士とともに,東土の維摩とよばれる。禅僧との問答が多く,その偈頌(げじゆ)300首とあわせて,早くより語録としてまとめられた。これは節度使于頔(うてき)の編と伝える。 宋代,禅宗が士大夫の信を得るとともに,水墨や文学のテーマとなり,居士の意味が拡大して,龐居士の伝記が変貌する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

龐居士の関連キーワード原始仏教広弘明集根本仏教宗密大乗義章大乗法苑義林章大唐内典録安楽集北方仏教

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone