コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

10年生存率 じゅうねんせいぞんりつ10years survival rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

10年生存率
じゅうねんせいぞんりつ
10years survival rate

癌が治ったことを示すデータの1つ。癌は,一時よくなったかのようにみえても,再発したり,他の臓器に転移したりするため,最初の治療時を基準にデータをそろえ,臓器ごとに治療法の改良や予後の推定に役立てている。治療後5年間癌で死亡しなかったとき,初めて「治った」とみなす5年生存率が一般的だが,最近は早期発見や治療法の改良で生存率が向上し,10年生存率のデータが意味をもつようになってきた。癌研究会付属病院のデータでは子宮体癌子宮頸癌,乳癌ではほぼ 70%のラインに達しているが,肝臓癌では0%,胃癌でも 40%となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

10年生存率の関連キーワード心臓移植の基準悪性リンパ腫上咽頭がん甲状腺癌

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

10年生存率の関連情報